本文へスキップ

フラワーデザインの基礎知識からプロのデザインまで花創造空間/アトリエコンシェルジュ

電話でのお問い合わせは06-6609-0323

〒558-0003 大阪市住吉区長居4-6-183
ohana@atelierconcierge.jp

色の特性 色の効果 カラーの基礎知識real estate

 色/カラーの基礎知識

ヨーロピアンフラワーアレンジメント画像

色の種類

日常生活の中で、物を眺めるときほとんどの場合は色とともに
形・材質・用途・機能性など複合的にとらえています。
これを純粋に色知覚の要素だけとりだしてみると
「色相」 「明度」「彩度」になります。
これを色の三属性といいます。
■色の三属性
◯色相,赤、青、黄色、色合い
◯明度,色の明るさ
◯彩度,色の鮮やかさ
花画像 ■トーン
色のイメージを表したり、配色を考えたりする時「トーン」という言葉を使用します。
( トーンとは色の明暗・濃淡・強弱などの調子をいいます。)
☆ヴィヴィッド・トーン(さえた・鮮やかな)
☆ソフト・トーン(柔らかい・穏やかな)
☆ブライト・トーン(明るい)
☆グレイッシュ・トーン(灰みの)
☆ストロング・トーン(強い)
☆ダル・トーン(鈍い・くすんだ)
☆ペール・トーン(薄い)
☆ディープ・トーン(濃い・深い)
☆ライト・トーン(浅い)
☆ダーク・トーン(暗い)
☆ライト・グレイッシュ・トーン(明るい灰みの)
☆ダーク・グレイッシュ・トーン(暗い灰みの)
■色の持つ力
色によって同じ大きさのものがちがって見えたり、暖かく感じたり、冷たく感じたりと感じ方が変わることがあります。
それが色のもっている不思議な「力」の一つです。
膨張、収縮は 色のか明るさに大きく左右される。
進出性の明るい色や暖色の色は進出して見える。
後退性の暗い色や寒色系の色は後退して見えます。

色と光の関係

花画像03

色と光の関係

人の眼は気がつかないうちに「順応」という自動調節をしています。
そのため、白い物を赤い光の所で見ると赤い物に見えてしまったりするわけです。
同じ風景が“朝・昼・夕方”でまるで違った印象に見えてしまうのもそのためです。

■太陽光の成分
太陽光はプリズム実験で分かってるように、人の眼に 見える光は、長い波長から短い波長まで「赤・橙・黄・緑・青・藍・菫」の7色の単色光でできています。
■光とは?
小さな粒である「微粒子説」と音のように振動で伝わる「波動説」。
微粒子でありながら波動としての性格を持っています。
花画像04

■虹
空中に浮いた雨粒に太陽光が当って反射してできます。外側に赤の帯が位置するのは、光の波長の関係で決まっています。光(可視光)は、電波と同じ電磁波と呼ばれるものの1種で、380nm (ナノメートル)〜780nmの波長の電磁波が人間の目に光として感じることができます。
1nmは10億分の1ミリメートルです。スペクトルに分光された光はこの波長の順に並べられもので、 380nm〜780nmへと波長が長くなるにつれて、青紫−青−緑−黄−オレンジ−赤と連続的に変化していきます

個人で収集される以外の 他への画像の転載等を一切禁じます

ナビゲーション