本文へスキップ

フラワーデザインの基礎知識からプロのデザインまで花創造空間/アトリエコンシェルジュ

電話でのお問い合わせは06-6609-0323

〒558-0003 大阪市住吉区長居4-6-183
ohana@atelierconcierge.jp

花の保存 基礎知識real estate

ポイント1 いただいたお花を長持ちさせる方法

物件イメージ01

いただいた花を長持ちさせる方法

お花は新鮮な空気を好みます。
家に持ち帰ったら、あるいは届いたら、どんなにきれいな
ラッピングでもすぐに外しましょう。
そのまま飾れるアレンジの場合は、細口の水差しなどを使って
吸水性スポンジアクアフォームやオアシス)に水をさします。 
花束の場合は新鮮な切り口から充分吸水が出来るように
水揚げを行います。
水揚げにはいくつかの方法がありますが、一般的なのは水の中で茎を切る水切り。
茎の切り口の表面積が広いほうが吸水力があるので、茎を水につけたままハサミかナイフで斜めに切ります。
水を吸い上げにくい枝物はさらに切り口に十文字の切り込みを入れて吸水面を広げます。 
物件イメージ02 このほかの水揚げには、デルフィニウムなど茎が柔らかいものに向いた湯揚げや、バクテリアの発生防止に効果的な根本を焼いたり煮たりする方法もあります。
また、バラやヒマワリなど水を吸い上げにくい花には新聞紙で包んで深く水に浸ける深水という効果的な方法がありますが、
カラーやガーベラなどの花によっては
深水が向かないものもあります。
わからなければ花屋さんに聞いてみましょう。

ポイント2 きれいに長く楽しむための毎日の手入れ

物件イメージ03

きれいに長く楽しむための毎日の手入れ

花を長もちさせるには水を清潔に保つことが大切。いただいた
花束を花器に生ける時など、腐りを防ぐために水に浸かる部分の葉を取り除きます。
水替えはできるだけこまめに、一〜二日に一度は取り替えが必要です。
このとき、同時に花器の内側もしっかり洗ってぬめりをとり清潔にします。
水中のバクテリアの発生を抑えるには延命剤の利用も効果的。
よく知られている市販の薬品やミョウバンのほか、身のまわりにも延命剤代わりに使えるものがあります。
漂白剤や中性洗剤がその代表格です。
そして、意外なものでは砂糖がイタリアでは生け花に少し入れたり、霧吹きで吹いたりして利用しているようです。
アレンジメントの場合は、吸水性スポンジ(アクアやオアシス)の表面が乾わかないように気をつけ、毎日新しい水を加えます。 
また、傷んだ花や葉を見つけたらそのつどハサミで切るなどして取り除くことも、バクテリアやカビの発生を防ぐために欠かせません。
なお、冷暖房の風が当たるところは避け、一日のうちで温度差の小ない涼しい場所に置きましょう。
物件イメージ04

飾り花の花や葉、茎の元気がなくなったら

元気がないときは水揚げしてみましょう。
全体がしおれてしまったら新聞紙でくるんで形を整えて水切りをします。
葉物の場合はたっぷりの水に全体を浸してしばらく置く方法があります。
花は種類によって花もちが異なります。
同じ花束やアレンジメントであっても同時に咲いたり枯れたりはしません。
とくに夏は早くしおれてしまいがちになり 完全にしおれてしまったものは捨てていくようにします。
アレンジメントの場合はしばらく楽しんだら吸水性スポンジ(アクアやオアシス)から抜いて水揚げをし、別の花器に生け替えてみると長く楽しむことが出来ます。
また、茎が先にしおれて水揚げなどで元に戻らないときには、小さいアレンジにつくりかえてみてはどうでしょう。
夏ならば、花だけを残し、浅い花器やガラスの小皿にはった水に浮かべても涼しげでおしゃれです。
個人で収集される以外の 他への画像の転載等を一切禁じます

ナビゲーション